ストーリー集客

廃業寸前の崖っぷちを救った「1冊の本のストーリー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1冊の本、1人との出会い、1つの選択や決断で道が開ける

私は2016年9月で独立して6年となります。

この6年間を簡単に表すとこんな感じになります。

 

勢いで独立→廃業寸前→日本初のありえないサービス開発!→奇跡のV字回復→東日本大震災→在り方が変わる→TV・雑誌で話題騒然のお店に→数々のチャレンジと失敗→成果満足90%以上のコンサルタントへ

 

って、雑すぎますね。笑

 

機会に恵まれ、創業時のストーリーをインタビューしていただきましたので、ぜひお時間のあるときにご覧いただけたら嬉しいです。

 

自分のこの6年間は、人、本、セミナー、環境のおかげさまで激変しました。

人生やビジネスを変えるには、自分一人だけでは絶対に無理で、いつでも人から得る気付きや成長です。

人生を変えるのはこの4つ、人、本、セミナー、環境ですね。

 

私は1冊の本のとあるストーリーに気付きを得たおかげで、崖っぷちの状態からV字回復することができました。

 

そして、その後も人との出会い等で考え方や価値観が変わり、今に至ります。

 

今となって気付いたことですが、当時、圧倒的に足りていなかったことがあります。

 

その圧倒的に足りなかったこととは・・

 

はい、詳しくは動画をご覧ください!!

まず初めに会社員時代のことをお願いします

店長として20店舗を経験してきた。

店長としては多くの店で売上げを上げてきた。

会社員時代は自信を持って臨んでいた。

会社員時代を経て独立を意識した経緯は?

もっとお客様にとって良い店を作りたいと決意。

2010年9月(36歳)に有鳥天酒場をオープン。

現在もパートナーである篠原と共に?独立(笑)

お客様や家族、スタッフへの価値観や想いは同じだった。

順風満帆と思えるスタートだったが・・・

新規開業時のエピソードなどありますか?

オープン時は大盛況で正直に言えばホッとしていた。

ホッとしたオープンから2週間後には・・・

徐々に客足が少なくなり・・・

3週間後には・・・

半分程度になって・・・

徐々に運転資金が目減りしていく怖さを感じていた。

周囲の店と何が違うのかを毎日考えていた。

そうこうしている間に資金が底をついた?

残った資金をお店の改善へと投資した!

その時に家族とはどんな会話が?

心配をさせたくないため嘘をついていた。

次第に店に泊まる回数が増えていった。

心配をさせたくないため嘘をついていた。

圧倒的に足りていなかったことがあった?

今なら気付くことが当時は分かっていなかった・・・

どん底の中である一冊の本と出合う

本の中のあるストーリーに気づきを得る。

発想の転換に触れ飲食店に置き換えて考えた。

実際の本はこちらです

崖っぷちを救った1冊の本

さらにお客様が喜ぶ仕掛けはと考え・・・

唐揚げが食べ放題だったら楽しいだろうな〜

100円唐揚げ食べ放題の発想を得る。

(ナンバー1ではなくオンリー1を目指す)

当初は1週間限定の企画として考えていた。

結果は思いのほか大好評で客足が伸びた。

東日本大震災が発生する!

この出来事が大きな転機となっていく。

客足はイベント以前よりも減ってしまった。

この時から唐揚げ食べ放題が通年の企画となった。

それを契機として店の売上げはみるみると改善していった。

ビジネスを学ぶ決心をする経緯とは?

どん底から抜け出したことで覚悟が決まった。

成功している人に会いに行き話を聞きまくった。

そしてその考え方を学んだ。

人生を変えるほどの師匠との出会いとは?

師匠がビジネスアドバイスを20人立て続けにやった。

その内容の的確さに衝撃を受けた!

お店の営業を外れてでも得られるものがあると感じた。

その師匠との出会いが今につながっている。

コンサルを始たエピソードは?

同じように苦しんでいた経営者仲間へのアドバイスをすると、

それが喜ばれることに気づき・・・

役に立てることの喜びを感じ始める。

それがコンサルを始めるキッカケとなる。

もうひとつのエピソードは・・・

師匠の開催するビジネス構築養成塾において、

コンサルを取る実践を命令される。

ひよりながらも3社のコンサルを獲得した。

常に実践で経験を積み上げて行った。

その過程をふみ「ストーリー集客」の完成をみる。

ストーリー集客実践会とはどんな内容か?

自分にも失敗や成功のストーリーがあり・・・

お客様の行動にも全て「ストーリー」があると気付く。

そこを理解することが重要だと思い至る。

より多くの人に価値を伝えたかった。

お互い高め合える仲間を作りたかった。

実践会を卒業した後もビジネス仲間として関わりたい。

実際に始めてみてどうでしたか?

本気でやり合える環境は大変だが楽しく感じている。

冒頭で言っていた「圧倒的に足りていなかったモノ」とは?

足りなかったモノ・・・それは考え方の軸が・・・

自分が中心の考えになっていた・・・

お客様が何を考えているのか?理解できていなかった!

わかっているつもりではあったが、実際には足りていなかったと気付く。

実践会に入ることで得られるものは?

かつて自分と同じように苦しみや悩みを持った人がどうなれるのか?

ビジネスに取り組んでいるがうまくいかず・・・

独立したは良いが思うように収入を得られていない、

かつての自分のようになってもらいたくない、

みなの後ろにいる家族を幸せにできるように、

稼げる経営者になってもらいたい。

お金や時間からもっと自由になってもらいたい。

お金に軸を置くかはそれぞれとは思うが・・・

稼げるということは・・・

人に多くの価値を与えられるということ!

ストーリー集客実践会が他と違うと言えることは?

とにかく実践することで成果を出す・・・

大事なのは・・・考え方が7割!

そして、実践をして成果につなげること!

仲間と共にやっていく環境を用意していく!

最後にメッセージをお願いします!

私も失敗という経験をしてしまったが・・・

けれど、外に飛び出した行動から打開できた。

まずは一歩ふみ出してみることが大事。

今までの自分の考えと価値観を変えないでいて、

未来が変わることはなかった・・・!

どこかで考え方を変えないと違う未来には行けない。

そこに気がついて今は大事に感じている。

多くの人がより良い未来に行きたいと思っているが・・・

なかなか価値観や行動を変えず一歩もふみ出さず、

より良い未来を「期待している」ことが多い。

一歩をふみ出すためには考え方から始まる!

考え方が文字になり・・・

文字が言葉になり・・・

言葉が行動になる!

行動が結果になる!

だからこそ考え方を変えたうえで・・・

一歩をふみ出してもらいたい!

そして良い未来を手にしてもらいたいですね!

 

 

★成果続出!ストーリー集客実践会参加者インタビューはこちらをご覧ください♪

メール講座.001

 

お客様を理解すれば集客・セールスが得意になる!「ストーリー集客」7日間無料メール講座

The following two tabs change content below.
戸張 賢治
戸張 賢治
代表取締役グラン・エクシード株式会社
2010年に飲食店を開業、半年間で廃業寸前の崖っぷちの状態から、テレビや雑誌に引っ張りだこの繁盛店となる。 その後、マーケティングやブランディングを貪るように学びながら実践し、実際に体得し成果につながったノウハウをコンサルとして教えるようになる。お客様を理解して集客が楽しく得意になる「ストーリー集客&ブランディング」のプロデュースや各種コンサルティング、また集客講座やビジネス交流会も多数主催中。実業を持つコンサルとして、実践と成果には徹底的にこだわっている。現在までに30業種以上、50社以上のクライアントに携わる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*